地震は日本列島が持つ潜在的なリスクです。リスク自体を回避したり、完璧に予測する事は困難ですが、地震に備えて水や食料などを備蓄する事は出来ます。リスクマネジメントを事前に備える事が最も現実的な災害対策です。

地震災害に備えて水や非常食の備蓄は必須です

日本は世界的にも稀な地震が多発する地域です。先進国の中で最も地震を含む自然災害に見舞われている国でもあり、日本列島では毎月のように大きなリスクが発生しています。昔から大変暮らしにくい地域だった事は確かです。数々の書物や記録にも日本列島の過酷な災害は記されています。

一方で四季の豊かさが諸外国よりもあり、季節ごとに美しい風景や食材が楽しめる等、過酷な環境にもメリットはあります。また厳しい自然災害に見舞われる地域だからこそ、人々の絆は極めて強いです。

数々の災害を経験した日本の国だからこそ、いざ地震が発生した時の対応は迅速です。自衛隊による迅速な人命救助、自治体による情報共有、政府による安定した指揮、国民のモラルの高さなど、災害発生時の対処の素晴らしさは世界各国で称賛されています。災害時、国民が整列して物資を受け取る様子は特に世界的にも道徳的だと大評判です。

地震の怖いところは予防ができない事です。自然災害全体に言える事ですが、現代のように科学技術が発展した時代でも、根本的な原因を取り除く事は出来ません。それこそ地震の予兆を正確に予想する事は困難です。諸説ありますが有能な科学者が研究を重ねた結果、地震を天気予報のような精度で完璧に予想する事は現代では難しいという結論が出ました。

サバイバル系グッズ

避ける事も予測する事も難しい、まさに厄介なリスクと言える自然災害ですが、唯一現代でも備蓄をしっかりとする、というリスクマネジメントは事前に施せます。現実的な対策としては水や非常食、そして医薬品や救助用のツールや災害時に活躍するサバイバル系グッズを揃える事です。

地震はいつ、どこで突然起きるか分かりません

日本は数多くの災害を経験しており、地震が起きてしまった後の初動は極めて迅速です。自治体が素早く現場の情報を把握し、町の体育館や公民館などを被災者向けに開放します。自宅が倒壊したり激しく破損してしまっても、避難所に行けば致命的な結果は避けられます。避難所に行けば、同じ被災した家族や知人などと上手く再会出来ます。また災害の情報が共有されており、正しい最新情報が得られます。

公民館や学校では自衛隊や企業等が水や食料を配給する事が多いです。しかし災害が発生した初日や翌日は道路の関係で水や非常食が上手く全員に行き渡りません。更に配給される水や非常食には制限があります。

家族分の水や食料が配給だけでは得られない可能性は高く、育ち盛りの子供や体が弱い高齢者や病気や障害等を抱えている方は特に辛い思いをします。そのため、万が一の事態に備えて国や専門家は各家庭に、最低でも三日程度は家族が無事に過ごせる水と非常食、医薬品等を備蓄しておくべきだと推奨しています。

地震はいつどこで発生するか分かりません。備蓄は各家庭で普段から常に備えておきたいものです。特に水は人間が生きる上で不可欠なものであり、最悪の場合、空腹でも人は生存出来ますが、水分不足になってしまうと、あっという間に体調不良に至り、生命に危険が及びます。

最近では賞味期限が非常に長いミネラルウォーター等が販売されており、非常持ち出し袋に家族分のペットボトルを入れておけば一安心です。